位置情報

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. お知らせ詳細

ここから本文です。

お知らせ

2021年4月21日更新  重要

桜斎随筆解読書が完成しました!

 『桜斎随筆』は、幕末から明治にかけて鹿島神宮大宮司として活躍した鹿島則孝氏(1813年~1892年)が、その時代のあらゆる事象を克明に綴ったもので、幕末・維新の記録、作者自身の出目・閲覧からくる記述、和歌や日記、紀行文といったさまざまな事柄が記されています。
 また、本書には鹿島神宮および地域に関する記録も数多く掲載されており、鹿嶋市の歴史を知ることができる貴重な郷土資料です。
 中央図書館のレファレンス室で、どなたでも閲覧することができます。

[翻訳した本] 現在、昭和女子大学に所蔵されている『桜斎随筆』の写本(全54巻60冊)
   ※鹿嶋市立中央図書館では、復刻版『桜斎随筆』全18巻を所蔵。
[翻訳者] 鹿嶋古文書学習会 額賀洋也氏、鹿野貞一氏 
   ※鹿嶋古文書学習会{1985年(昭和60年)設立 代表 鹿野貞一}  
     古文書の解読および鹿嶋市の歴史を学ぶことを目的とする学習会。

桜斎随筆解読書

先頭へ戻る